銀の龍の背に乗って (骑在银龙的背上) -中島美雪

2020-1-18 云破天开 评论(1) 阅读(1366)

作词:中島美雪
作曲:中島美雪 
あの苍(あお)ざめた海(うみ)の彼方(かなた)で
今(いま)まさに谁(だれ)かが伤(きず)んでいる
まだ飞(と)べない雏(ひな)たちみたいに
仆(ぼく)はこの 非力(ひりき)を叹(なげ)いている
急(いそ)げ悲(かな)しみ 翼(つばさ)に変(か)われ
急(いそ)げ伤迹(きずあと)罗针盘(らしんばん)になれ
まだ 飞(と)べない雏(ひな)たちみたいに
仆(ぼく)はこの 非力(ひりき)を叹(なげ)いている
梦(ゆめ)が 迎(みか)えに来(き)てくれるまで
震(ふる)えて待(ま)ってるだけだった昨日(きのう)
明日(あした)仆(ぼく)は龙(りゅう)の足元(あしもと)へ崖(がけ)を登(のぼ)り
呼(よ)ぶよ「さあ、行(い)こうぜ」
银(ぎん)の龙(りょう)の 背(せ)に乗(の)って
届(とど)けに行(い)こう 命(いのち)の砂漠(さばく)へ
银(ぎん)の龙(りょう)の背(せ)に乗(の)って
运(はこ)んで行(い)こう 雨云(あまぐも)の涡(うず)を

失(うしな)うものさえ失(うしな)ってなお
人(ひと)はまだ谁(だれ)かの指(ゆび)にすがる
柔(やわ)らかな皮肤(ひふ)しかない理由(わけ)は
人(ひと)が人(ひと)の伤(いた)みを聴(き)くためだ
急(いそ)げ悲(かな)しみ 翼(つばさ)に変(か)われ
急(いそ)げ伤迹(きずあと) 罗针盘(らしんばん)になれ
まだ飞(と)べない雏(ひな)たちみたいに
仆(ぼく)はこの非力(ひりき)を叹(なげ)いている
わたボコリみたいな翼(つばさ)でも
木(き)の芽(め)みたいな頼(たよ)りない爪(つめ)でも
明日(あした)仆(ぼく)は龙(りゅう)の足元(あしもと)へ崖(がけ)を登(のぼ)り
呼(よ)ぶよ「さあ、行(い)こうぜ」
银(ぎん)の龙(りょう)の背(せ)に乗(の)って
届(とど)けに行(い)こう 命(いのち)の砂漠(さばく)へ
银(ぎん)の龙(りょう)の背(せ)に乗(の)って
运(はこ)んで行(い)こう 雨云(あまぐも)の涡(うず)を

银(ぎん)の龙(りょう)の背(せ)に乗(の)って
运(はこ)んで行(い)こう 雨云(あまぐも)の涡(うず)を

银(ぎん)の龙(りょう)の背(せ)に乗(の)って

银(ぎん)の龙(りょう)の背(せ)に乗(の)って

银(ぎん)の龙(りょう)の背(せ)に乗(の)って

银(ぎん)の龙(りょう)の背(せ)に乗(の)って

银(ぎん)の龙(りょう)の背(せ)に乗(の)って

银(ぎん)の龙(りょう)の背(せ)に乗(の)って

终わり




标签: 喜欢的歌

评论:

头条新闻
2020-02-02 00:30
文章不错非常喜欢

发表评论: