銀の龍の背に乗って (骑乘在银龙的背上)

銀の龍の背に乗って  

あの蒼(あお)ざめた海(うみ)の彼方(かなた)で 

今(いま)まさに 誰(だれ)かが 傷(きず)んでいる
まだ飛(と)べない雛(ひな)たちみたいに 
僕(ぼく)はこの 非力(ひりき)を 嘆(なげ)いている
急(いそ)げ悲(かな)しみ 翼(つばさ)に変(か)われ
急(いそ)げ傷跡(きずあと) 羅針盤(らしんばん)になれ
まだ 飛(と)べない雛(ひな)たちみたいに 
僕(ぼく)はこの 非力(ひりき)を 嘆(なげ)いている
夢(ゆめ)が 迎(みか)えに来(き)てくれるまで 
震(ふる)えて待(ま)ってるだけだった昨日(きのう)
明日(あした) 僕(ぼく)は 龍(りゅう)の足元(あしもと)へ 崖(がけ)を 登(のぼ)り 
呼(よ)ぶよ「さ あ、行(い)こうぜ」
銀(ぎん)の龍(りょう)の 背(せ)に乗(の)って \r
届(とど)けに行(い)こう 命(いのち)の砂漠(さばく)へ
銀(ぎん)の龍(りょう)の 背(せ)に乗(の)って \r
運(はこ)んで行(い)こう 雨雲(あまぐも)の渦(うず)を
失(うしな)うものさえ失(うしな)ってなお 
人(ひと)はまだ誰(だれ)かの指(ゆび)にすがる
柔(やわ)らかな皮膚(ひふ)しかない理由(わけ)は 
人(ひと)が人(ひと)の傷(いた)みを聴(き)くためだ
急(いそ)げ悲(かな)しみ 翼(つばさ)に変(か)われ
急(いそ)げ傷跡(きずあと) 羅針盤(らしんばん)になれ
まだ飛(と)べない雛(ひな)たちみたいに 
僕(ぼく)はこの非力(ひりき)を嘆(なげ)いている
わたボコリみたいな翼(つばさ)でも 
木(き)の芽(め)みたいな頼(たよ)りない爪(つめ)でも
明日(あした)僕(ぼく)は龍(りゅう)の足元(あしもと)へ崖(がけ)を登(のぼ)り 
呼(よ)ぶよ「さあ、行(い)こうぜ」
銀(ぎん)の龍(りょう)の背(せ)に乗(の)って \r
届(とど)けに行(い)こう 命(いのち)の砂漠(さばく)へ
銀(ぎん)の龍(りょう)の背(せ)に乗(の)って \r
運(はこ)んで行(い)こう 雨雲(あまぐも)の渦(うず)を
銀(ぎん)の龍(りょう)の背(せ)に乗(の)って \r
運(はこ)んで行(い)こう 雨雲(あまぐも)の渦(うず)を
銀(ぎん)の龍(りょう)の背(せ)に乗(の)って\r
銀(ぎん)の龍(りょう)の背(せ)に乗(の)って 
翻译:
在那苍茫大海的那一方 现在有人正受着伤 
就像仍不会飞的雏鸟般 我感叹着自己的无能 
悲伤啊 快变成羽翼吧 
伤痕啊 快变成罗盘吧 
就像仍不会飞的雏鸟般 我感叹着自己的无能 
在梦想尚未来到之前 昨日我徒然颤抖地等待 
明天 我将登上山崖往龙的足底前去 我将高喊:出发吧! 
骑在银龙背上 快到生命的沙漠 
骑在银龙背上 将雨云的漩涡运送过去吧 
就算因为失去的事物而更加迷失 人们也还能依靠他人的指引 
比柔嫩的肌肤都还要温柔的理由  
是因为人们为了听到人的苦痛而说出口 
悲伤啊 快变成羽翼吧 
伤痕啊 快变成罗盘吧 
像还不会飞的雏鸟一般 我因自己的力量不够而叹息 
即使我的翅膀还只是黄色小鸡的程度  
即使我的爪子像树芽般还不够可靠 
明天 我也将登上山崖往龙的足底前去 呼喊道:”喝!走吧” 
骑在银龙背上 快到生命的沙漠 
骑在银龙背上 将雨云的漩涡运送过去吧 
骑在银龙背上 将雨云的漩涡运送过去吧 
我骑乘在银龙的背上 
我骑乘在银龙的背上  

-=||=-收藏

未经允许不得转载:云破天开 » 銀の龍の背に乗って (骑乘在银龙的背上)

评论

2+6=